中学受験を控えた女の子のお子さんをお持ちの方であれば、東京女子御三家と言う言葉を聞いた事があるかと思います。1980年代、男子御三家から派生するような形で、女子御三家が誕生したとされています。東京女子御三家とは、桜蔭中学校・女子学院中学校・雙葉中学校を東京大学合格実績が多い学校としてひとまとめにしたでしょうね。最初の段階では、桜蔭中学校。1924年に創立され、東京都文京区本郷が所在地となっています。勤勉な校風が特徴です。中学3年の2学期になったら、自由研究に取り組みます。毎年校内で全作品を展示し、要約本として1冊にまとめられます。テーマは社会問題を取り上げた物が多く、たいへんハイレベルな内容になっているそうです。次に、女子学院中学校。1870年に創立され、東京都千代田区一番町が所在地となっています。自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)闊達な校風で、キリスト教主義(プロテスタント)が一番の特徴です。高い学力(人間の基本的な能力の一つだと考えられています)を追求すると同時に、教育目標として「愛と思いやりの心を持って他者に仕える人間を育成する事」を掲げています。英語の授業は独自の教科書(学問を学ぶために使う教材のことですね)を使っていて、少人数制でネイティブ(語学教室ではとかくもてはやされますね)の先生が担当しているのも魅力ですね。そして、雙葉中学校。1909年に創立され、東京都千代田区六番町が所在地となっています。キリスト教主義(カトリック)で、しつけに厳しい校風だと言えるはずです。校訓として「徳においては純真に、義務においては堅実に」を掲げています。語学教育を重点的に行っていて、中学3年からフランス語の授業も加わります。加えて、高校に上がると、英語またはフランス語の選択も出来るようになるはずです。また、全学年週1回宗教の時間も設けられています。それぞれ学校によっても特徴としては異なりますので、しっかり比較して話し合った上で志望校を決めるようにしたいものですねー